実印、銀行印を失くしたときにやることとは?印鑑紛失マニュアル

印鑑を紛失したときの対処マニュアル

もしも印鑑を紛失したとき。
すぐにやらなければならないことがあります。

銀行印をなくしたとき

銀行の印鑑をなくしてしまったときは、すぐに銀行に届け出る必要があります。
不正に利用されて預金を引き出されてしまう可能性もないとは言えないからです。

紛失に気づいたら、まず銀行に電話をし、口座の引き落としをストップしてもらいます。
ここまですれば、まず安心で、不正に引き出されることはありません。

その後、新しく登録する印鑑と通帳をもって銀行の窓口で新印鑑の登録の手続きを行います。
その際本人かどうかの確認があるので、免許証や健康保険証を持って行きましょう。

実印をなくしたとき

実印は、印鑑証明書が一緒でないと効果がないからです。
簡単にいえば、実印だけで不正な利用はされないということです。

但し、証明書を盗まれたら大変な事になります。
実印と印鑑証明書があれば、様々な法的契約が結べるので、やはり早めの手続きは必要でしょう。

実印を登録した役場へ届け出

実印の登録を行った市区町村役場に「紛失」の連絡をします。
そうすることで、紛失した実印の「印鑑証明書」の発行ができなくなります。

新しい実印で改印

新しい実印を登録するため改印届を提出します。
こちらも市区町村役場の窓口でおこないます。

改印届を提出すると、紛失した実印は効力を失います。
尚、改印には新しく作った実印と免許証などの本人確認の書類が必要ですので忘れないようにしましょう。

警察へ紛失届

リスクをなくすためには警察への紛失届まで完了させましょう。
紛失届を提出しておけば万が一のときでも安心できます。

銀行員のこぼれ話「印鑑を紛失すす人の特徴」
職業柄、さまざまな人の印鑑や、印鑑証明を見てきましたが、その中で感じたことがあります。

  • 字体が複雑だったり直径が大きい、きちんとした印鑑を持っている方

  • 百円均一などのプラスチックで出来た安価な印鑑を持っている方

印鑑紛失の手続きに訪れる方は、圧倒的に後者が多いです。

同じ印鑑でも、立派な印鑑を持っていたら保管も大事にし無くすこともないのでしょう。
安い印鑑なら「無くなったらまた買えばいい。」と安易に考えてしまうのでしょう。

一生付き合える印鑑を大事に使いたいものですね。