車の購入に必要な印鑑証明書の有効期限は3ヶ月だけ

印鑑登録証明書の有効期限

車購入印鑑

自動車の購入の際に必要なのは実印です。

購入の契約書に押印する印鑑は何でもいいのですが、自動車の登録をするときには印鑑証明書が必要になります。

自動車も高額な資産であること、登録制になっていることによ、印鑑登録証明書を用意して必要書類には実印を押すことになります。

印鑑の登録証明書で注意したいのが有効期限です。
印鑑証明書の有効期限は発行からたったの3ヶ月

そのため、あまり早めに用意せず、自動車購入契約を決めたら用意すると良いでしょう。
また、中古車購入の場合も同じで、登録に当たって実印と印鑑登録証明書が必要になります。

購入しなくても、友人知人間の譲渡でも実印と印鑑登録証明書は必要になります。
その自動車が誰のものであるのかを証明するために、必要なのですね。

印鑑登録証明書の作り方

個人の印鑑登録は、各市町村の役所で作成します。
ただし、各市町村ごとに微妙な違いがありますが、ほぼ以下の流れで作成することが可能です。

本人が印鑑登録を行う場合
運転免許証、パスポートなど顔写真がついた身分証明書で身分を確認できる場合は、その場で即日発行ができます。
尚、登録する印鑑も忘れないようにしましょう!

本人以外の代理人が印鑑登録を行う場合
印鑑登録をする本人が書いた委任状と登録をする印鑑を持って、申請書に記入して提出する。
申請をすると本人宛に照会書と回答書が郵送されるので、その回答書を本人又は代理人が提出すると登録完了となります。

前述のとおり各市町村ごとに登録方法が異なるケースがあるので、事前にお住まいの区役所(住民票のある)のホームページを確認しておきましょう。