印鑑が上手く押せない原因は下手ではなく印鑑の素材?

印鑑が上手く押せない原因

印鑑が上手く押せず失敗をしてしまった経験は誰もがあるでしょう。
  • 大事な書類なのに、印鑑の位置が真っ直ぐにならなかった。

  • 履歴書の印鑑の端が欠けてしまってやり直した。

  • 押した印鑑があまりにも酷くて2回押す羽目になった。

など意外と多くの人が経験しています。
何度やっても上手くいかない場合は「印鑑そのもの」に問題があるかもしれません。

といういのも印鑑の素材によって押しやすさはまるで違います

あなたは印鑑を押す時に、グッと力をいれて押していますか?
もしそうであれば印鑑の素材は最低レベルだということが分かります。

なぜなら最高級とされる象牙の印鑑になると軽く一度押すだけで美しくつくからです。
これから印鑑を作ろうとしている方は是非高級な素材を選んでみてください。

高級といっても象牙までいかなくても、水牛で十分に綺麗に押せます。

銀行印窓口で働く女性の話

わたしは銀行の窓口で働いていた経験があります。
取引に印鑑は欠かせないので、印鑑を触らなかった日はないくらい毎日扱っていました。

お客様のさまざまな印鑑を押してきて気づいたことがあります。
それは、100円均一などの安い印鑑は朱肉の付きがわるく、はじいてしまうので、しっかり力を入れないと綺麗に紙につきません。

水牛などきちんとした印鑑は、かるく一度押すだけで美しくつきます。

最近は少なくなりましたが、象牙はとくに綺麗です。
持っただけでずしりと重く、ひんやりしているので、プラスチックとの違いはすぐ分かります。