女性のための印鑑講座「実印、銀行印の一般的なサイズとは?」

女性の印鑑の一般的なサイズとは?

個人が作る印鑑は、大きい方から直径18.0mm、16.5mm、15.0mm、13.5mm、12.0mm、10.5mmというサイズ展開になっています。

一般的に大きいサイズは実印などの法律が関係する大切な印鑑やお金に関係する銀行印に使用します。
サイズが小さい印鑑は認印などの普段使い(例えば、荷物の受取など)につかう傾向があります。

とくに決まりがあるわけではないのですが、男性の場合実印は一般的に16.5mmで作るのに対し女性は15.0mmと、ワンサイズ程度小さい印鑑をつくる人が多いようです。

銀行印や仕事で使う認印だと男性が13.5mmが多いのに対し、女性は12.0mmや10.5mmで作る人が多いです。

もちろん、サイズに決まりはないので「私は大きい方が良い!」と思うならそれで構いません。
ですが、年配の方の中には自分よりも目下の人間が自分より大きな認印を同じ会社でつかっているだけでも不愉快になる人もいます。

ちょっと信じられないような話(少なくても私の周りにはこんなおじさんはいません)ですが、無難なサイズを選ぶと良いと思いますよ。

実印、銀行印の一般的なサイズ一覧

印鑑の種類(実印、銀行印)、男性・女性別の一般的な印鑑のサイズ表です。
サイズに迷っている方は一般的な「実印 15.0mm」、「銀行印 12.0mm」がおすすめです。

印鑑の種類 女 性 男性
実印のサイズ 15.0mm 16.5mm
銀行印のサイズ 13.5mm 12.0mmまたは10.5mm