実印、銀行印の即日作成&配送を行っている印鑑専門の通販サイト

横彫りの印鑑は銀行で使用できるの?

横彫りの印鑑は銀行で使用できるのでしょうか?
はい、使えます。

以下に横彫りの銀行印でも使える理由を解説いたします。

横彫りでも使える理由

銀行の印鑑は通帳が本人の印鑑であるという証明のために登録するものですから、印鑑に特に決まりはなく、どのような文字でも、姓だけでも名前だけでも、フルネームでもかまいません。

金融機関では、以前は人の目で照合を行っていましたが、今では印影照合システムを使って機械的に処理されます。
すると、欠けてしまっていたり減ってしまっている場合、印影が違うと判断され承認されない可能性があります。

ですので、熱で変形してしまうプラスチック製の三文判ではちょっと心配です。
長く使えるように、また、縁起を担ぐ意味でも上質の素材のはんこを選ぶと良いでしょう。

また、実用性を考えても印鑑は上質の素材を選ぶと良いですね。
なぜなら変形してしまったり、安物で欠けてしまったら銀行にわざわざ出向いて印鑑の変更処理をする必要があるからです。

横彫り縦彫りにかかわらず、フルネームの印鑑は女性にはすこし大きくなってしまいますから、フルネームの印鑑は実印に使い、苗字の印鑑を銀行印にすると良いかもしれません。