独身女性におすすめの名前での実印作成をおすすめする理由

独身の女性が実印を作成するときの注意点

独身の女性が実印を作成する場合、姓名ではなく名前で作ることをおすすめします。
というのも独身の女性の場合、いつかは結婚をするわけです。

結婚をして苗字が変わると、折角作った実印が無駄になります。
実印証明の変更をするのも面倒ですし、高い印鑑なら尚更勿体無いですよね。

名前で作成をすると変更する必要もなく一生使えます。
印鑑は苗字というイメージがありますが、名前でも実印登録出来ます

もし名前での印鑑に抵抗があるなら、安物の印鑑にすると良いでしょう。
そして、結婚をしたときに高価な印鑑を購入すれば良いと思います。

印鑑屋さんに名前での実印作成を薦められた女性

数年前、印鑑登録をした時に、印鑑証明用の印鑑を新しく作りました。
印鑑登録は、人生のうちにそう何度もすることはないと思ったので、どのような印鑑にしようかと悩みました。

そこで、印鑑屋さんに相談したところ、「独身の女性の方でしたら、下の名前での印鑑登録がお勧めですよ。」と言われました。

そうすれば、結婚して苗字が変わっても、新しい印鑑を登録し直す必要は無いそうなのです。
なるほど、と思い下の名前で印鑑を作り、登録しました。

そして結婚した今、印鑑屋さんの言う通りにしてよかったと思っています。

娘さんに名前の印鑑を作成したお母さん

先日1歳になった娘の銀行口座を作るため、初めて娘専用の印鑑を作りました。

女の子なのでいずれは結婚して名字が変わること、また成人して気に入らなかったらすぐに変更できることから下の名前で印鑑は作りました。

出来上がった印鑑を初めて紙に押してみた時、「ああこの子は確かにこの名前でここに存在するんだな」と改めて(大げさですが)感じました。

一生付いてまわる名前の彫られた印鑑、ぜひとも大事に使って欲しいものです。